Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント申込者の個人情報が閲覧可能に、設定ミスで - 三重県

三重県は、イベントの委託事業者が作成した参加申し込みフォームにおいて設定に問題があり、申込者に関する個人情報が閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同県によれば、同県で実施を予定していたYouTuberのトークイベントにおいて、業務委託先であるジェイアール東海エージェンシーが参加申し込みフォームを設置したが、設定ミスがあり、他申込者に関する氏名や連絡用電話番号を閲覧できる状態になっていたもの。

10月27日15時ごろ、イベント出演者がInstagramでイベントについて投稿し、申込先のリンクをストーリーズで公開。約2時間40分後にイベント申込者から連絡があり問題が判明した。

同日同県より指示を受けた委託先では、同ページを非公開とする設定に変更した。非公開にした時点で66人から申込が行われていたという。関係者に対して委託先より謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応