Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Adobe Commerce」など複数製品向けにアップデート

Adobeは、複数製品向けにセキュリティアップデートをリリースした。「クリティカル(Critical)」とされるものも含め、脆弱性を解消している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアップデートをリリースしたもの。「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」では「クリティカル(Critical)」とされるものも含め、あわせて30件の脆弱性に対応した

「Adobe Commerce」「Magento Open Source」では、3件の脆弱性を修正。なかでも「CVE-2023-38208」に関しては、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.1」、重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

また「Adobe Dimension」には、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる「CVE-2023-38211」「CVE-2023-38212」などあわせて3件の脆弱性が判明。一方「Adobe XMP-Toolkit-SDK」については、重要度が「重要(Important)」とされる脆弱性1件に対応している。

同社では各製品に対してアップデートを用意。適用優先度については、いずれも3段階中もっとも低い「3」としており、任意のタイミングでアップデートを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立高校生徒会室で生徒情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
上半期の不正アクセスによる検挙は188件 - 前年同期比19.3%減
WP向けeコマースプラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性
Node.JS向けライブラリ「systeminformation」に脆弱性
ネットワーク監視ツール「LibreNMS」に脆弱性 - 「クリティカル」も
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導
「SecHack365」の受講生情報含むPCが所在不明に - NICT
患者情報含むファイルがネット上で閲覧可能に - 日大板橋病院
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委
「iPhone」や「iPad」に3件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを公開