Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「社労夢」へのサイバー攻撃、被害範囲を特定 - 「マイナンバー」への影響否定

「社労夢(Shalom)」など社労士事務所や人事労務部門向けに提供するサービスがランサムウェアにより停止した問題で、エムケイシステムは調査結果を取りまとめた。

同社では、6月5日早朝に顧客向けのシステムを運用するサーバにおいて障害が発生していることが判明。ランサムウェアによる被害に遭ったことを公表するとともに、外部事業者による調査を進めていた。

同社は、フォレンジック調査の結果、外部からの侵入経路や影響を受けたサーバ、流出のおそれがある情報の範囲などを特定したという。ただし、詳細については公表を控えるとしている。

ランサムウェアの侵害を通じて、何らかのデータを窃取された可能性はあるものの、データが外部へ転送された痕跡は見つかっていないとしている。外部サイトにおける情報公開の状況も調べたが、情報の流通なども確認されていない。

サイバー攻撃により「マイナンバー」を取り扱うシステムなども障害が発生したが、「高度な暗号化処理を実施しており、流出のおそれがある範囲にも含まれていない」として影響を否定した。

(Security NEXT - 2023/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドの法人向けセキュリティ製品に脆弱性 - すでに悪用済み
日本シーサート協議会、12月に年次カンファレンスイベントを開催
人口動態調査のデータを異なる自治体に誤返却 - 四條畷保健所
サーバに不正アクセス、個人情報10万件超が流出の可能性 - マツダ
QNAP製NASに複数の脆弱性 - 修正版以降へ更新を
「ZCS」に2件の脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
ネットワーク監視ツール「LibreNMS」に脆弱性 - 「クリティカル」も
2022年に悪用が目立った脆弱性トップ12 - 2021年以前の脆弱性も引き続き標的に
チャレンジ農業支援事業の委託先が携帯電話を紛失 - 東京都
北米法人で情報流出を確認、ランサム影響か - アルプスアルパイン