Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Git」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正

ソフトウェアの分散型バージョン管理システム「Git」の開発グループは、現地時間4月25日にセキュリティアップデートをリリースした。

今回のセキュリティアップデートでは、「CVE-2023-29007」「CVE-2023-25652」に対応したもの。「CVE-2023-29007」は、特定の環境下において構成ファイルのセクションについて名前を変更したり削除する際に任意の構成を挿入され、コードを実行される可能性がある。

また過去の修正が不十分であり、作業ツリーの外側パスに書き込み行うことが可能となる「CVE-2023-25652」が存在することが判明した。

CVE番号を採番したGitHubでは、「CVE-2023-29007」について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.0」、重要度を「高(High)」とした。「CVE-2023-25652」については、CVSS基本値を示しておらず、重要度を「中(Moderate)」としている。

開発チームでは、「同2.40.1」「同2.39.3」「同2.38.5」「同2.37.7」「同2.36.6」「同2.35.8」「同2.34.8」「同2.33.8」「同2.32.7」「同2.31.8」「同2.30.9」をリリースし、これら脆弱性を修正した。

(Security NEXT - 2023/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MOVEit Transfer」の脆弱性、脅迫グループが悪用か
チーム向けパスワード管理ツール「TeamPass」に脆弱性
「MOVEit Transfer」にゼロデイ脆弱性 - 侵害状況も確認を
福島原発事故の追加賠償に関する請求書を誤送付 - 東電
講座受講者宛のメールで「CC」送信 - 八代市
個人情報含む手帳を紛失、3月にも - 室蘭総合病院
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で
LINE公式アカウントで非公開のクーポンが表示される不具合
Zyxel製機器の脆弱性、積極的な悪用も - あらたな脆弱性も判明
WP向け人気プラグイン「Jetpack」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を