Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

園児情報を誤送信、メディアに匿名で情報提供 - 糸満市

沖縄県糸満市は、一部園児に関するデータを市内の保育施設にメールで送信する際、誤って異なる施設に送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、同市保育こども園課において、新型コロナウイルス感染症対策特例において2022年度3月分の減免内容に関するデータをメールで送信する際、本来の送信先とは異なる施設へ送信するミスがあったもの。同月27日に同市に対して一部メディアより匿名による情報提供を受けたとする連絡があり、問題が発覚した。

2023年3月に特定の保育施設に通う一部園児が対象で、園児の氏名、年齢、生年月日、性別のほか、保護者の氏名、住所、月額保育料、自粛日数、減免額、減免後月額保育料などが含まれる。

連絡を受けた同日、同市では誤送信先となった保育施設に問題のデータを削除するよう依頼した。また対象となる園児の保護者に電話で経緯を報告し、謝罪している。

(Security NEXT - 2023/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要