Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サーバ「ForgeRock AM」に認証バイパスの脆弱性

認証やフェデレーション機能を提供する「ForgeRock Access Management」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2022-3748」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されるとユーザーアカウントのなりすましや乗っ取りなどが可能になるという。「同7.2.0」および以前のバージョンに存在し、サポートされていないバージョンも影響を受けるおそれがある。

同社では、現地時間4月13日にアドバイザリを公表。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」としている。

同社では、4月4日にリリースした「同7.3」「同7.2.1」へ更新するか、2月10日より前に「パッチ202207」を適用している場合は同パッチを削除し、「パッチ202301」に置き換えるよう求めている。

(Security NEXT - 2023/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月