Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パケット分析ツール「tcpdump」にアップデート - 脆弱性を解消

パケット分析ツール「tcpdump」の開発チームは、脆弱性を修正したセキュリティアップデートをリリースした。

「同4.99.3」および以前のバージョンにおいて域外メモリに書き込みを行う「CVE-2023-1801」が明らかとなり、修正したもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.5」、重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。

開発チームでは、そのほかマイナーな修正などをも行なった「同4.99.4」を4月7日にリリース。あわせて「libpcap 1.10.4」を提供している。

(Security NEXT - 2023/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MOVEit Transfer」にゼロデイ脆弱性 - 侵害状況も確認を
福島原発事故の追加賠償に関する請求書を誤送付 - 東電
講座受講者宛のメールで「CC」送信 - 八代市
個人情報含む手帳を紛失、3月にも - 室蘭総合病院
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で
LINE公式アカウントで非公開のクーポンが表示される不具合
Zyxel製機器の脆弱性、積極的な悪用も - あらたな脆弱性も判明
WP向け人気プラグイン「Jetpack」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
チャリティランナー宛のメールで誤送信 - 国際協力NGO
読者の提供情報を記者が家族に漏洩 - 神奈川新聞