Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge 110.0.1587.56」がリリース - 深刻な脆弱性に対処

マイクロソフトは、複数の脆弱性を解消したブラウザの最新版「Microsoft Edge 110.0.1587.56」をリリースした。

「Chromium 110.0.5481.177」がリリースされたことを受け、同バージョンをベースにアップデートを実施したもの。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2023-0941」に対処したほか、重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性6件や「中(Medium)」とされる1件に対応している。

「Microsoft Edge」独自の修正はなかった。今回のアップデートにて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-0927
CVE-2023-0928
CVE-2023-0929
CVE-2023-0930
CVE-2023-0931
CVE-2023-0932
CVE-2023-0933
CVE-2023-0941

(Security NEXT - 2023/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収