Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge 110.0.1587.56」がリリース - 深刻な脆弱性に対処

マイクロソフトは、複数の脆弱性を解消したブラウザの最新版「Microsoft Edge 110.0.1587.56」をリリースした。

「Chromium 110.0.5481.177」がリリースされたことを受け、同バージョンをベースにアップデートを実施したもの。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2023-0941」に対処したほか、重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性6件や「中(Medium)」とされる1件に対応している。

「Microsoft Edge」独自の修正はなかった。今回のアップデートにて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-0927
CVE-2023-0928
CVE-2023-0929
CVE-2023-0930
CVE-2023-0931
CVE-2023-0932
CVE-2023-0933
CVE-2023-0941

(Security NEXT - 2023/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、重要インフラ向けの「CPGs」をアップデート
ランサム被害が前年比約1.5倍 - バックアップ取得も復元に難あり
米政府、「AzureAD」や「MS365」環境向けのインシデント調査ツールを公開
「サイバー攻撃演習訓練実施マニュアル」を公開 - 日本シーサート協議会
「JavaScript」のランタイム環境「Deno」に脆弱性
支援学校で生徒の個人情報含む私物USBメモリ紛失 - 大阪府
富士通のネット接続サービス、8カ月以上にわたり侵害か
「Chrome」にセキュリティアップデート - 8件の修正を実施
IoT機器ファームウェアのOSS構成分析ツール - バイナリにも対応
委託先が帰宅途中にPC紛失、HDDは暗号化 - 広島県指定検査機関