Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ

北関東マツダは、委託先のサーバにサイバー攻撃があり、サーバに保存されていた個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。関係者に対して不審なメールが届いたという。

同社によれば、個人情報の管理などを委託している委託先のサーバが攻撃を受け、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。1月14日19時ごろ、同社従業員のメールアドレスに不審なメールが配信されたことから問題が発覚した。

サーバには、メーリングリストの会員登録情報、同社中古車情報サイトへの問い合わせ、車検予約システムやイベントなどの登録データ、SNSにおける従業員採用アカウントに対する登録データなどが保存されていた。

少なくとものべ約5万件の個人情報が保管されており、これら情報が流出した可能性があるという。情報によって対象となる項目は異なるが、氏名やメールアドレスのほか、関連店舗や電話番号、SNSのユーザーネーム、年齢、職業などが含まれる。

調査を行ったところ、1月14日から15日にかけて、一部の顧客や関係者宛てに同社ウェブサイトを侵害したとのメールが送信されていた。メールや誘導先のサイトは、ほぼ同じ内容が日本語で記載されており、「個人情報を取得保護した」などと説明。公表を避けるためには、同社の管理者が金銭を払う必要があるなどと書かれていた。

(Security NEXT - 2023/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応