Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性

音声通話をはじめとするコラボレーション機能を提供するCisco Systemsの「Cisco Unified Communications Manager」に脆弱性が明らかとなった。権限の昇格やデータベースが漏洩するおそれがあるという。

「Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)」「Cisco Unified Communications Manager Session Management Edition(Unified CM SME)のウェブベースの管理インタフェースにSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2023-20010」が明らかとなったもの。

ユーザーからの入力を適切に検証しておらず、認証済みのユーザーより細工されたSQLクエリを送信されると、データベースのデータが漏洩したり、権限の昇格が生じるおそれがある。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.1」、重要度を上から2番目にあたる「高(High)」としている。

同社では、脆弱性を修正した「同12.5(1)SU7」をリリース。また2023年3月に「同14SU3」をリリースする予定。

(Security NEXT - 2023/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省