Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSAのリバースエンジニアリングツール「Ghidra」に脆弱性

米国家安全保障局(NSA)が提供するリバースエンジニアリングフレームワーク「Ghidra」に脆弱性が明らかとなった。

「同10.2.2」にコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2023-22671」が明らかとなったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

ソースコードリポジトリにおいてパッチが公開されており、今後リリースされる「同10.2.3」にて修正が盛り込まれる予定。

(Security NEXT - 2023/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性