Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社

石油販売など手がける北斗興業は、不正アクセスにより顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

2022年12月6日にネットワークを共有する企業のサーバが不正アクセスを受けたことを確認。その後の調査で同社サーバに対しても不正アクセスが行われていたことが判明した。アクセスされたデータには、同社顧客に関する氏名や住所、電話番号など1080件が含まれていたという。

今回の問題に関連し、同社へ灯油配送業務を委託していた北海道ガス子会社の北ガスジェネックスにおいても、2020年2月以前の顧客に関する氏名、住所、電話番号など88件が影響を受けたことを明らかにした。

同社では、関連する顧客に対して個別に書面で連絡を取っている。問題のサーバについては遮断し、侵入経路の特定など実施するとともに、インターネットの監視を行っているが、外部における情報の流通などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2023/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ