Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Synology製ルータのOSやVPNサーバに深刻な脆弱性

Synology製ルータのOSやアドオンパッケージのVPN機能に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同社製ルータにおいて、ローカルネットワークとのVPN機能を追加するアドオンパッケージ「VPN Plus Server」において、脆弱性「CVE-2022-43931」が判明したもの。

同社PSIRTが発見したもので、脆弱性を悪用することで域外メモリへ書き込みが可能となり、リモートよりコマンドを実行されるおそれがある。

同社では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアを最高値である「10.0」と評価。重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

「Synology Router Manager(SRM) 1.3」および「同1.2」向けに、それぞれアップデートとなる「VPN Plus Server 1.4.4-0635」「同1.4.3-0534」を用意。同バージョン以降を利用するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性