Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に

スマートフォン向けアプリ「LINE」の一部機能において、アップロードしたデータを他アカウントより閲覧が可能となる脆弱性が判明した。10月のアップデートで修正済みだという。

問題が判明したのは、トーク内容や画像、動画やリンクなどを同アプリ内に保存できる「Keep機能」。不具合はAndroid端末のみ影響があるという。

アカウントを削除したり、他端末へ引き継ぎを行った際にログアウト処理で中断が生じた場合、その後同一端末で別のLINEアカウントからログインすると、以前にアップロードしたデータを閲覧できる状態となっていた。

9月23日に報告があり、10月25日にAndroid向けにリリースした「同12.18.0」にて脆弱性を修正した。個人情報の不正利用など、二次被害は確認されていない。

同社では12月15日に事象を公表するとともに、関連するユーザーに報告。利用者に対して最新バージョンを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意