Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市

大阪府四條畷市は、庁舎内で保管していた交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、12月15日、市民課執務室内で保管していた交付前のマイナンバーカード2件の所在がわからないという。マイナンバーカードには、マイナンバー、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が記載されている。

住民2人がマイナンバーカードの受け取りに来た際、保管するすべてのマイナンバーカードを確認したが、見あたらなかった。紛失と判断し、同月17日に警察へ紛失を届けている。

11月24日の時点で存在が確認されており、カードに組み込まれているICチップが正常に動作するか確認する交付前設定を行った後、専用のプラスチックケースに格納。地区別に分類して鍵付きのロッカーに保管していた。

同市では、不要となった小箱を廃棄する際や、地区別に分類する段階で誤って廃棄した可能性が高いとしている。同市では対象となる住民に経緯を説明して謝罪。マイナンバーカード再発行の手続きを行っている。

(Security NEXT - 2022/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター