Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareのクラウド運用管理ソリューションに複数の脆弱性

VMwareが提供するクラウド環境の運用管理ソリューション「VMware vRealize Operations(vROps)」に複数の脆弱性が明らかとなった。

2件の脆弱性「CVE-2022-31707」「CVE-2022-31708」が明らかとなったもの。「CVE-2022-31707」は権限昇格の脆弱性。「vROps」の管理者権限を持つ場合に、「OS」のroot権限を取得することが可能となる。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアは「7.2」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

「CVE-2022-31708」は、アクセス制御の不備の脆弱性。OSより機密情報を読み取ることが可能となる。CVSS基本値は「4.4」で、重要度は「中(Moderate)」とレーティングされている。

VMwareでは、いずれも非公開で報告を受けたとしており、脆弱性を修正するパッチやアップデートを用意。利用者に対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら