Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2022年最後の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、2022年最後となる月例セキュリティ更新プログラムを公開した。「クリティカル(Critical)」とされる7件を含む49件の脆弱性に対処した。一部脆弱性は悪用が確認されている。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Azure」「.NET Framework」「Microsoft Windows Codecs Library」「Microsoft Graphics コンポーネント」「Microsoft Bluetoothドライバ」など幅広い脆弱性へ対処している。

CVEベースで49件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は7件。のこる42件については、次に高い「重要(Important)」とレーティングされている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、41件については「7.0」以上とレーティングされている。「9.0」以上と評価された脆弱性はなかった。

脆弱性によって影響は異なるが、23件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがある。また17件については権限昇格が可能としており、情報漏洩、サービス拒否それぞれ3件のほか、セキュリティ機能のバイパスやなりすましの脆弱性などへも対処している。

(Security NEXT - 2022/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ