Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消

マイクロソフトは、ゼロデイ脆弱性など複数の脆弱性へ対処したブラウザの最新版「Microsoft Edge 108.0.1462.42」をリリースした。

現地時間12月5日にアップデートをリリースしたもの。「Chromium 108.0.5359.94」をベースとした「MS Edge 108.0.1462.41」以降において4件の脆弱性が解消されており、最新版は「同108.0.1462.42」になるという

具体的には、JavaScriptエンジン「V8」に明らかとなった型の取り違えの脆弱性「CVE-2022-4262」に対処した。同脆弱性はすでに悪用が確認されており、アップデートの準備を進めていることを予告していた。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「8.8」、重要度を「高(High)」としている。

くわえて今回のアップデートでは、「Microsoft Edge」独自に3件の脆弱性へ対処している。「CVE-2022-44708」は、サンドボックスを回避され、権限昇格が生じるおそれがある脆弱性。これら3件においてもっともCVSS基本値のスコアが高く、「8.3」とレーティングされている。

あわせてSYSTEM権限で更新プログラムを実行した場合に権限昇格が生じるおそれがある「CVE-2022-41115」や、なりすましの脆弱性「CVE-2022-44688」に対処した。

(Security NEXT - 2022/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町