Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先がメール誤送信、返信でさらに拡大 - 大阪市

大阪市は、同市や業務委託先より個人情報含むメールを第三者へ誤って送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、11月30日16時ごろ、スポーツイベント魅力発信業務の委託先より、同市職員へ個人情報を含むファイルを添付してメールを送信したところ、誤って第三者へ送信するミスが発生した。問題のファイルには、地域スポーツ関係団体担当者14人の氏名、住所、電話番号、ファックス番号が含まれる。

さらに同日17時ごろ、同市職員より受託事業者から送られたメールに対し、地域スポーツ関係団体担当者30人に関する氏名、電話番号、メールアドレスなど別の個人情報を含むファイルを添付して返信したことから、再度第三者へメールが送信された。

送信直後に誤送信先より指摘があり、問題が発覚。同市が委託先に確認したところ、最初の誤送信発生後に誤送信先より指摘を受けていたが、同市へ報告を行っていなかった。

委託先では同日、誤送信先に対して謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼。同市においても翌12月1日に誤送信先へ謝罪のメールを送信した。個人情報が流出した関係者には、同市と委託先より経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査