Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県

滋賀県は、イベントの委託先事業者においてメール送信時にミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同県によれば、11月14日11時過ぎ、委託事業者が令和4年度滋賀県ひとり親家庭総合サポート事業に関わるイベントの開催案内を61人にメール送信した際、誤送信が発生したもの。

送信先の設定を誤ったため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。同日、同県宛てに送信された同メールを確認した職員が、誤送信に気づいた。

問題の判明を受けて、委託先事業者では対象者に謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性