Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大

名古屋大学は、外部サイトで公表した資料について、個人情報が墨塗りされておらず、閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、2021年7月1日に外部サイトで公表した資料の一部について、個人情報の黒塗りが行われず閲覧可能な状態となっていたもの。教員からの指摘で8月23日に判明した。

閲覧可能だったのは、学外関係者59人と同大教員70人の氏名。同大では8月24日に外部サイトの運営者へ依頼し、公開が停止された。検索エンジンのキャッシュについては、9月7日までに削除が完了している。

同大では、対象となる関係者に経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性