Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大

名古屋大学は、外部サイトで公表した資料について、個人情報が墨塗りされておらず、閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、2021年7月1日に外部サイトで公表した資料の一部について、個人情報の黒塗りが行われず閲覧可能な状態となっていたもの。教員からの指摘で8月23日に判明した。

閲覧可能だったのは、学外関係者59人と同大教員70人の氏名。同大では8月24日に外部サイトの運営者へ依頼し、公開が停止された。検索エンジンのキャッシュについては、9月7日までに削除が完了している。

同大では、対象となる関係者に経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下