Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IBM InfoSphere Information Server」にCSVインジェクションの脆弱性

IBMが提供するデータプラットフォーム「InfoSphere Information Server」において、CSVファイルの処理に脆弱性が明らかとなった。

「同11.7」にCSVインジェクションの脆弱性「CVE-2022-22425」が明らかとなったもの。CSVファイルの検証処理に問題があり、脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。AIX、Windows、Linux、いずれの環境も影響を受ける。

IBMによる共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「7.0」。一方、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」ではCVSS基本値を「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とした。

同社では、同脆弱性の暫定的な修正として「同11.7.1.4」向けにパッチを提供している。

(Security NEXT - 2022/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響