Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MongoDB」向けの「BSONパーサー」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

「Node.js」環境で利用できるオープンソースのバックエンド「Parse Server」において提供されている「MongoDB」向けの「BSONパーサー」に脆弱性が明らかとなった。

「BSONパーサー」にプロトタイプ汚染攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2022-39396」が明らかとなったもの。悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

CVE番号を採番したGitHubによる共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

データベースアダプタにおいてプロトタイプ汚染を防ぐよう修正を行った「同5.3.1」「同4.10.18」が提供されており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2022/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加