Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区

同区では、住基ネットシステムにおいて従来より不正操作のチェックを行っていたが、今回のケースでは勤務時間内に行われており、検索量が極端に多いといったこともなく、正規業務との区別がつかず、疑わしい操作として検知できなかったという。

同区では今後事実関係が明らかになった時点で厳正に処分を行う方針。また今回の問題を受けて住基ネットに変わる職員に対してヒアリングや住基ネットの操作履歴の再点検を実施する。

また区の全職員を対象とした公務員倫理やセキュリティに関する研修を実施するほか、外部専門家の助言を踏まえて、12月を目処に再発防止策について取りまとめるとしている。

(Security NEXT - 2022/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者