Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Firefox 106」がリリース - 脆弱性6件を解消

Firefoxの開発チームは、ブラウザの最新版「Firefox 106」をリリースし、複数の脆弱性を解消した。

今回のアップデートでは、PDFの編集機能を追加するなど機能を強化したほか、6件の脆弱性に対処した。4段階ある重要度においてもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は2件。JavaScriptエンジンにおいてメモリ破壊が生じる「CVE-2022-42928」や、同一オリジンポリシー違反により、クロスオリジンURLが流出するおそれがある「CVE-2022-42927」を修正した。

そのほか、「中(Moderate)」とされる脆弱性4件、「低(Low)」とされる脆弱性1件を修正した。また延長サポート版である「Firefox ESR 102.4」をあわせて提供している。

「同106」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-42927
CVE-2022-42928
CVE-2022-42929
CVE-2022-42930
CVE-2022-42931
CVE-2022-42932

(Security NEXT - 2022/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性