Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS 8.1」に認証回避のおそれ - サポート対象機種にも注意を

Palo Alto Networks製品に搭載されている「PAN-OS 8.1」に脆弱性が明らかとなった。アップデートを用意しているが、提供対象機種が限定されており注意が必要だ。

10月12日にアドバイザリを公表し、「PAN-OS 8.1」にウェブインタフェースで認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2022-0030」が明らかとなったもの。「同9」以降については脆弱性の影響を受けない。

CVE番号は2021年12月28日に採番された。公表まで10カ月以上を要しているが、アドバイザリの公表時点で悪用は確認されていないという。

攻撃対象となるファイアウォールやPanoramaアプライアンスに関する特定の知識を持つ攻撃者により悪用が可能としており、管理者権限を用いて操作することが可能になるという。

同社では、同脆弱性について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアを「8.1」と評価。重要度を「高(High)」とレーティングしている。

同社では脆弱性を修正した「PAN-OS 8.1.24」をリリースした。「PAN-OS 8.1」系についてはサポート期限に達しているため、ハードウェアのサポート期間中である一部機種「PA-5060」「PA-5050」「PA-5020」「PA-500」「PA-200」「M-100」のみ提供するものとしており、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2022/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生