Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正

Googleは、Windows、macOS、Linux向けに「Chrome 106.0.5249.91」を現地時間9月30日にリリースした。前回リリースからわずか3日でアップデートの再投入となった。

同社は、現地時間同月27日にメジャーアップデートとしてWindows向けに「同106.0.5249.62」「同106.0.5249.61」、macOSおよびLinux向けに「同106.0.5249.61」をリリースしたが、わずか3日であらたなアップデートの公開となった。

セキュリティに関する3件の修正を行っており、CVEベースで2件の脆弱性に対処している。具体的には、9月21日に報告されたJavaScriptエンジンである「V8」において域外メモリに書き込みが行われる「CVE-2022-3373」や、翌22日に報告された「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-3370」に対処した。

同社は、脆弱性の重要度をいずれも4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティング。数日から数週間をかけてアップデートを展開していく。

(Security NEXT - 2022/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正