Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正

Googleは、Windows、macOS、Linux向けに「Chrome 106.0.5249.91」を現地時間9月30日にリリースした。前回リリースからわずか3日でアップデートの再投入となった。

同社は、現地時間同月27日にメジャーアップデートとしてWindows向けに「同106.0.5249.62」「同106.0.5249.61」、macOSおよびLinux向けに「同106.0.5249.61」をリリースしたが、わずか3日であらたなアップデートの公開となった。

セキュリティに関する3件の修正を行っており、CVEベースで2件の脆弱性に対処している。具体的には、9月21日に報告されたJavaScriptエンジンである「V8」において域外メモリに書き込みが行われる「CVE-2022-3373」や、翌22日に報告された「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-3370」に対処した。

同社は、脆弱性の重要度をいずれも4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティング。数日から数週間をかけてアップデートを展開していく。

(Security NEXT - 2022/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も