Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処

Trustwaveは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の最新版「ModSecurity 3.0.8」「同2.9.6」をリリースした。

同製品は、Apache HTTP Serverをはじめ、NginxやIISなどウェブサーバのモジュールとして動作するオープンソースのWAF。今回のアップデートでは、バグの修正にくわえて、複数のセキュリティ上の問題を修正した。

特定ルールに対してバイパスが可能となることが明らかとなり対処したもので、具体的にはマルチパート解析の修正、パーサーの有効化ルールについての調整などを実施したという。CVE番号は採番されていない。

OWASPなどサードパーティの最新のルールセットにおいて、新バージョンに依存するケースなどもあるため、それぞれの動作環境を確認した上でアップデートなど対処する必要がある。

(Security NEXT - 2022/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート