Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処

Trustwaveは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の最新版「ModSecurity 3.0.8」「同2.9.6」をリリースした。

同製品は、Apache HTTP Serverをはじめ、NginxやIISなどウェブサーバのモジュールとして動作するオープンソースのWAF。今回のアップデートでは、バグの修正にくわえて、複数のセキュリティ上の問題を修正した。

特定ルールに対してバイパスが可能となることが明らかとなり対処したもので、具体的にはマルチパート解析の修正、パーサーの有効化ルールについての調整などを実施したという。CVE番号は採番されていない。

OWASPなどサードパーティの最新のルールセットにおいて、新バージョンに依存するケースなどもあるため、それぞれの動作環境を確認した上でアップデートなど対処する必要がある。

(Security NEXT - 2022/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正