Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意

GMOクリック証券は、同社を装い、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているとして注意を呼びかけた。

同社を装うフィッシングメールが出回っており、誘導先の偽サイトでは、口座番号やログインパスワード、取引暗証番号のほか、個人情報の入力を促していた。複数サイトが確認されており、いずれもコロンビアのトップレベルドメインである「.co」を悪用していた。

同社では、ログインパスワードや取引暗証番号などをメールで聞き出すことはなく、メールにログイン画面や個人情報入力画面などのリンクを記載することもないとして注意を呼びかけている。

メールの内容について確認する場合は、ブラウザのアドレスバーより同社の正規URLを直接入力してウェブサイトにアクセスするよう求めている。

(Security NEXT - 2022/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「ゆうちょ銀」装うフィッシングに注意 - 20種類以上の件名バリエーション
ソニー銀装うフィッシング攻撃に注意 - 取引目的の定期確認を偽装
じゃらんnet装うフィッシング攻撃が発生 - 全国旅行支援を標的か
「新生銀行」を装うフィッシング - 乱数表の写真も要求
警察庁かたるSMS、偽アプリなどへ誘導