Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処

Adobeは、複数の製品向けにセキュリティアップデートをリリースした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、7製品においてセキュリティアップデートをリリースしたもの。いずれも脆弱性の悪用は確認されていない。

「Adobe Bridge」「Adobe InDesign」「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」「Adobe InCopy」「Adobe Animate」に関しては、重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性の修正が含まれる。

また「Adobe Animate」以外の製品については、重要度が2番目に高い「重要(Important)」とされる脆弱性の修正を行った。

適用優先度に関しては、いずれの製品も3段階中もっとも低い「3」とレーティングしており、任意のタイミングでアップデートを実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処