Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac版Zoomのセキュリティ修正に不備 - 再度アップデート

オンライン会議サービスを提供するZoomは、macOS向けにセキュリティアップデートをリリースした。4日前に公開したパッチに不具合が見つかり、再度リリースしたという。

macOS向けに提供する「Zoom Client for Meetings」の自動更新機能における権限昇格の脆弱性「CVE-2022-28757」を修正したもの。

同社では現地時間8月13日に「同5.11.5」をリリースし、「CVE-2022-28756」を修正したばかりだが、修正部分をバイパスできることが判明したことから対処したという。

「同5.7.3」以降に影響があり、脆弱性を悪用することでroot権限の取得が可能となる。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.8」と評価、重要度を「高(High)」とレーティングしている

同社は脆弱性を修正した「同5.11.6」を8月17日に公開し、利用者に最新版を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正