Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac版Zoomのセキュリティ修正に不備 - 再度アップデート

オンライン会議サービスを提供するZoomは、macOS向けにセキュリティアップデートをリリースした。4日前に公開したパッチに不具合が見つかり、再度リリースしたという。

macOS向けに提供する「Zoom Client for Meetings」の自動更新機能における権限昇格の脆弱性「CVE-2022-28757」を修正したもの。

同社では現地時間8月13日に「同5.11.5」をリリースし、「CVE-2022-28756」を修正したばかりだが、修正部分をバイパスできることが判明したことから対処したという。

「同5.7.3」以降に影響があり、脆弱性を悪用することでroot権限の取得が可能となる。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.8」と評価、重要度を「高(High)」とレーティングしている

同社は脆弱性を修正した「同5.11.6」を8月17日に公開し、利用者に最新版を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正