Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ

また「Cisco Adaptive Security Applianceソフトウェア」に関しては、クライアントレスの「SSL VPN機能」において「WebVPNコンポーネント」に入力を正しく検証しない「リクエストスマグリング」の脆弱性「CVE-2022-20713」についても明らかになった。

同デバイスに悪意ある要求をわたすことができるウェブサイトを標的となるユーザーに訪問させることで、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃が可能だという。

「同9.17(1)」より以前のバージョンに影響があり、CVSS基本値は「4.3」、重要度は「中(Medium)」。8月16日の時点で同脆弱性の修正プログラムは用意されていない。

(Security NEXT - 2022/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み