Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ

トークンやパスワード、証明書などの統合管理機能を提供するHashiCorpの「Vault」および「同Enterprise」に脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

高可用性モードを利用する場合、オプションのバックアップ機能である「Integrated Storage」の一部APIにアクセス制御の不備「CVE-2022-36129」が明らかとなったもの。

外部より報告があり判明した脆弱性で、特定条件下では認証なしにAPIへアクセスしてデータを上書きでき、データの損失や致命的な障害をもたらすおそれがあるという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」としている。

同脆弱性は「同1.11.1」「同1.10.5」「同1.9.8」にて修正された。利用者に脆弱性の影響を評価した上でアップデートを検討するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社