Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施

防衛省は、「第2回防衛省サイバーコンテスト」を8月21日にオンラインで開催する。

同コンテストは、サイバーセキュリティ分野における優秀な人材の発掘を目的に実施するCTFイベント。

クイズ形式となっており、複数分野の問題を解いて合計得点で競う個人戦となっている。当初、参加者の募集期間を7月5日から同月31日としていたが、8月7日まで募集期間を延長した。

上位5人のコンテスト成績優秀者については、同省ウェブサイトにハンドルネームあるいは名前を掲載する予定。参加者全員に対し、成績をメールにて送付するとしている。

募集定員は300人を予定。定員を超えた場合は募集を終了する場合がある。イベントの詳細や参加登録は同省のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都