Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

申込フォームで設定ミス、入力内容が閲覧可能に - シェアリングエコノミー協会

シェアリングエコノミー協会は、申し込みフォームの設定を誤り、イベントの申込者に関する個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同協会によれば、7月1日から同月20日正午ごろにかけて「四国支部及び四国わかちあいネットワーク設立記念イベント『With Share 四国』」の申込者106人に関する個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

フォームの設定ミスにより、申込後の画面に表示されるリンクから他申込者の情報を閲覧できる状態だった。申込者の氏名、電話番号、メールアドレス、企業および部署などの個人情報が流出したおそれがある。

7月20日に申込者1人からメールで指摘があり問題へ気が付き、同日設定を変更した。同協会では対象者にメールで連絡を取っている。また7月20日に個人情報保護委員会への報告を行った。

(Security NEXT - 2022/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県