Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館

大阪歴史博物館の職員が、ボランティア登録者へ送信したメールにおいて誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことがわかった。

大阪市によれば、6月27日14時半ごろ、職員が送信した「ボランティアだより」において誤送信が発生したもの。送信先を宛先に設定し、ボランティア93人に送信したところ、メールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。

送信の直後、別の職員が誤送信に気づき、同日中に対象となるボランティアに対し説明と謝罪を行った。また、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意