Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に

マイクロソフトは、「Chromium」をベースとした同社ブラウザの最新版「Microsoft Edge 103.0.1264.44」をリリースした。

今回のアップデートは、「Chromium 103.0.5060.53」をベースとしたアップデート。現地時間6月24日に同バージョンをベースとして独自に3件の修正を行った「Microsoft Edge 103.0.1264.37」をリリースしているが、さらに脆弱性1件の独自修正を実施した。

今回対処した「CVE-2022-33680」は、権限昇格の脆弱性でサンドボックスの回避が可能となるとし、細工したウェブサイトへ訪問させることで悪用されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.3」。4段階ある重要度において上から2番目となる「重要(Important)」とレーティングしている。

リリース時点で脆弱性の悪用や公開は確認されておらず、悪用される可能性についても低いと分析している。

(Security NEXT - 2022/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大