Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ

「Cisco Email Security Appliance(ESA)」「Cisco Secure Email and Web Manager(旧Cisco Security Management Appliance)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

これら製品に搭載されている「Cisco AsyncOS」に認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2022-20798」が明らかとなったもの。6月15日にアドバイザリをリリースした。

外部認証を有効化した場合や、LDAPのような認証プロトコルを利用している場合に、ハードウェア、バーチャルアプライアンスのいずれも影響を受ける。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、同社は重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社は、これら製品向けに脆弱性に対処した「Cisco AsyncOS」のアップデートをリリース。あわせて回避策をアナウンスしており、利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ