Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開

マイクロソフトは、「Chromium」をベースとした同社ブラウザの最新版「Microsoft Edge 103.0.1264.37」をリリースした。独自の修正も実施している。

今回のアップデートは、「Chromium 103.0.5060.53」をベースとしたアップデート。「Chromium」では、「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性「CVE-2022-2156」をはじめ、CVEベースで9件の脆弱性を解消したが、マイクロソフトではさらに2件の脆弱性を独自に修正している。

追加で修正された「CVE-2022-30192」「CVE-2022-33638」は、いずれも権限昇格のおそれがある脆弱性で、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.3」。

一方同社では、脆弱性を悪用するには、ユーザーの操作が必要となるなど前提条件があるとし、同社ガイドラインを踏まえて、4段階ある重要度の評価を上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしたという。

これら2件の脆弱性について、悪用や公開などは確認されておらず、悪用される可能性も低いとの見方も示している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-2156
CVE-2022-2157
CVE-2022-2158
CVE-2022-2160
CVE-2022-2161
CVE-2022-2162
CVE-2022-2163
CVE-2022-2164
CVE-2022-2165
CVE-2022-30192
CVE-2022-33638

(Security NEXT - 2022/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」