Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か

FRONTEOの米国子会社がサイバー攻撃を受けた問題で、同社は調査結果を明らかにした。

5月11日に子会社であるFRONTEO USAのデータセンター内のデータが、ランサムウェアと見られるサイバー攻撃を受けたもの。被害の拡大を防止するため、同社では子会社のネットワークを遮断。事態を公表するとともに、外部事業者をまじえて詳細を調べていた。

調査の結果、FRONTEO USAが運用する複数のサーバにおいて、ランサムウェアによるデータの暗号化被害を確認した。攻撃経路については、メールシステムの脆弱性を悪用された可能性が高いと説明。6月17日の時点で情報流出は確認されていないとしている。

FRONTEO USAでは、サーバの安全性を確認し、侵入検知システムを刷新したうえで、システムを復旧。6月17日に業務を再開した。

(Security NEXT - 2022/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス