Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら

メタバース推進協議会とセキュアIoTプラットフォーム協議会は、メタバース空間におけるセキュリティガイドラインの策定に向けて検討を開始する。

アカウントの乗っ取りやなりすまし、データの改ざん、流出、VRゴーグルをはじめとするIoTデバイスへの攻撃など、メタバース空間においてさまざまなセキュリティリスクが懸念されるとし、安全なサービスの構築と運用を支援すべく、取り組みを進めるという。

メタバース空間で想定される脅威の分析や、対応すべきセキュリティ指針を策定することが急務であると指摘。メタバース推進協議会内に検討会を設置し、2022年秋をめどにセキュリティガイドラインの策定を目指すとしている。

(Security NEXT - 2022/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性