Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県

奈良県は、県内NPO法人の役員や従業員に関する住所が記載された名簿を誤って内閣府の「NPO法人ポータルサイト」で公開するミスがあったことを明らかにした。

同県では、特定非営利活動促進法に従い、NPO法人より毎年度ごとに事業報告書の提供を受け、内閣府が運営する「NPO法人ポータルサイト」で報告書を公開しているが、公開の対象とならない住所を含んだ役員や従業員の名簿を誤って公開するミスがあったという。

県内2法人の書類を誤って公開したもので、1法人の従業員に関する16人分の住所や別の法人では役員4人分の住所など、あわせて20人分の個人情報を意図せず公開していた。

6月6日16時ごろ、1法人の関係者よりサイト上で名簿が公開されているとの連絡があり判明。直近公開した108法人の書類を点検したところ、別の法人でも同様の問題が生じていることがわかった。

公開する書類を専用機器で電子データ化する際、法人から提出された事業報告書一式をまとめてスキャンしており、十分に確認しないままデータをアップロードしてしまったという。

同県では、公開情報から名簿を削除。対象となる法人へ説明と謝罪を行っている。今後はチェック体制の見直しや、職員研修の実施、端末上の表示や名簿様式において注意喚起を実施し、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県