Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス

女性向けファッションブランド「MACHATT」の通信販売サイト「MACHATT ONLINE STORE」が不正アクセスを受けたことがわかった。顧客のクレジットカード情報が流出し、一部が不正利用された可能性がある。

同サイトを運営するmachattによれば、脆弱性を突く不正アクセスにより、決済アプリケーションが改ざんされたもの。

2021年8月10日から2022年2月22日にかけて同サイトで注文時に入力されたクレジットカード情報が外部に流出し、不正に利用された可能性がある。対象となるのは商品を購入した顧客1万6093人が利用したクレジットカード1万6093件。名義、番号、有効期限、セキュリティコードが窃取されたおそれがある。

ログファイルなどの調査を行ったところ、クレジットカード以外の個人情報についても、格納されたデータベースに対してアクセスできる状態だった。情報流出については確認されていないとしている。

2月22日にクレジットカード会社の指摘で問題が判明し、クレジットカードの決済を停止。3月17日に外部事業者による調査を終えた。4月21日に警察へ被害を相談、4月27日に個人情報保護委員会へ報告した。

対象となる顧客に対しては、5月18日よりメールや書面で報告と謝罪を行っている。不正アクセスの影響はオンラインストアのみとしており、実店舗販売のポップアップストアで扱ったクレジットカード情報については、異なるシステムのため影響ないとしている。

(Security NEXT - 2022/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処