Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産

野村不動産は、シェアハウスやコワーキングスペースの実証事業でメールを送信した際、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、5月12日16時半ごろ、実証事業「TOMOREプロジェクト」の会員1023件に対し、3回にわけてメールを送信したところ、送信先を誤って宛先に入力するミスが発生したもの。同一グループの受信者間にメールアドレスが流出した。

同日メールを受信した会員から指摘があり誤送信が判明。同社では、対象となる会員に対しメールで謝罪。監督官庁に対しても報告を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収