Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産

野村不動産は、シェアハウスやコワーキングスペースの実証事業でメールを送信した際、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、5月12日16時半ごろ、実証事業「TOMOREプロジェクト」の会員1023件に対し、3回にわけてメールを送信したところ、送信先を誤って宛先に入力するミスが発生したもの。同一グループの受信者間にメールアドレスが流出した。

同日メールを受信した会員から指摘があり誤送信が判明。同社では、対象となる会員に対しメールで謝罪。監督官庁に対しても報告を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も