Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ

VMwareのIDアクセス管理製品に早急な対応が求められる影響の大きい脆弱性が明らかとなった。前月にも深刻な脆弱性を修正しているが、異なる脆弱性であり注意が必要。

「VMware Workspace ONE Access」「VMware Identity Manager(vIDM)」や、これら製品を含むスイート製品が影響を受ける深刻な脆弱性が明らかとなったもの。4月にも複数の「クリティカル」とされる脆弱性が判明し、すでに悪用も判明しているが、それらとは別の脆弱性だという。

具体的には、ローカルドメインにおいてユーザーインタフェースへアクセスできる場合に認証を回避される脆弱性「CVE-2022-22972」が存在。

非公開で同社に対して報告されたもので、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」。4段階ある重要度において、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

さらに権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2022-22973」もあわせて公表された。ローカルのアクセス権を持つ攻撃者によってroot権限を取得されるおそれがある。CVSS基本値は「7.8」、重要度は1段階低い「重要(Important)」とされている。

(Security NEXT - 2022/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開