Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を

トレンドマイクロがWindows向けに提供する「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性が明らかとなった。

「スマートホームスキャナー(旧オンラインスキャン for Home Network)」は、ホームネットワークに接続された機器を可視化し、各機器やWi-Fiルータなどに脆弱性や脆弱なパスワードの使用、ポートの開放などリスクがないか診断するソフトウェア。

Windows向けに提供されている同製品のインストーラに、同一ディレクトリ内にあるライブラリファイルを読み込み、コードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-28339」が含まれていることが判明した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.3」と評価されている。インストール済みの製品は同脆弱性の影響を受けない。

同社では脆弱性を修正するとともに、利用者へ周知するためJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。同社やJVNでは、利用する際に最新版のインストーラをダウンロードするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少