Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正

マイクロソフトは、2022年5月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、73件の脆弱性を修正した。「Windows LSA」に明らかとなった脆弱性は、すでに公表されており、悪用も確認されている。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Exchange Server」「Windows Active Directory」「.NET」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処した。

CVEベースで73件の脆弱性を修正。最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性6件に対応したほか、次に高い「重要(Important)」とされる66件や、もっとも低い「低(Low)」とされる1件を修正している。

脆弱性によって影響は異なるが、24件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがある。さらに権限昇格の脆弱性21件、情報漏洩の脆弱性17件のほか、サービス拒否6件、セキュリティ機能のバイパス4件、なりすまし1件の脆弱性に対処した。

「クリティカル」と評価された脆弱性を見ると、VPNで利用されている「PPTPプロトコル」の処理においてリモートでコードを実行される脆弱性「CVE-2022-21972」「CVE-2022-23270」をはじめ、「リモートデスクトップクライアント」においてリモートよりコードが実行される脆弱性「CVE-2022-22017」、「Active Directory」における権限昇格の脆弱性「CVE-2022-26923」などが含まれる。

(Security NEXT - 2022/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料