Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県

福岡県は、補助金交付申請関係書類など、個人情報を含む書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同県によれば、市町村から提出された免許証自主返納支援事業の補助金交付申請関係書類や、交通安全運動推進事業に関する支払関係書類が所在不明となっているもの。

啓発イベント司会者1人の氏名、住所、振込先と、講習会講師2人の氏名、住所、および取引事業者21団体の代表者氏名が含まれる。

3月24日、25日に人づくり・県民生活部生活安全課の職員が保存文書庫から書類を借り受けたが、期限が過ぎても返却がないとの指摘が4月12日にあり、紛失していたことが判明した。

同県では、3月31日に不要書類を廃棄した際に、一緒に誤って処分した可能性が高いと説明。書類に個人情報が記載されていた関係者に対し、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町