Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモックのIT資産管理製品に脆弱性 - 修正プログラムが公開

ハンモックが提供するIT資産管理製品「AssetView」の管理サーバに脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、アプリケーションサーバの一部重要機能において認証が欠如している脆弱性「CVE-2022-28719」が明らかとなったもの。「同13.2.0」より以前のバージョンが影響を受ける。

同サーバは、管理下にあるクライアント端末に対し、クライアント端末上のソフトウェアを更新するよう指示できる機能を備えているが、同脆弱性により第三者が同機能を悪用でき、クライアント上で管理者権限により任意のコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9.0」と評価されている。

同脆弱性は、GMOサイバーセキュリティbyイエラエのデニスファウストヴ氏、ルスランサイフィエフ氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

「AssetView 11.0.0」以降向けに脆弱性を修正する「AssetView サーバー通信モジュール Hotfix」が提供されており、アップデートが呼びかけられている。また「AssetView CLOUD」に関しては、同脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2022/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に