Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressのデザインを制御する人気プラグインに深刻な脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けプラグイン「Elementor Website Builder」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同プラグインは、Elementorが提供する「WordPress」のデザインを制御できるソフトウェア。無料版と有料版が存在し、WordPress.orgにおける有効なインストール数は500万件以上と広く利用されている。

同プラグインにおいて、ログイン可能なユーザーであれば管理画面における任意の機能を利用できる脆弱性「CVE-2022-1329」が明らかとなったもの。リモートより悪意あるファイルをアップロードされ、任意のコードを実行されるおそれがある。

3月に同脆弱性を報告したDefiantのWordfence脅威インテリジェンスチームによると、「同3.6.0」で導入されたモジュールに生じた脆弱性で、「同3.6.0」より前のバージョンについては影響を受けないとしている。

ユーザー権限が閲覧のみとされる「購読者」でも脆弱性の悪用が可能で、同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.9」と評価している。

現地時間4月12日に脆弱性が修正された「同3.6.3」がElementorよりリリースされた。現在は最新版として「同3.6.4」が提供されている。

(Security NEXT - 2022/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開