Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressのデザインを制御する人気プラグインに深刻な脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けプラグイン「Elementor Website Builder」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同プラグインは、Elementorが提供する「WordPress」のデザインを制御できるソフトウェア。無料版と有料版が存在し、WordPress.orgにおける有効なインストール数は500万件以上と広く利用されている。

同プラグインにおいて、ログイン可能なユーザーであれば管理画面における任意の機能を利用できる脆弱性「CVE-2022-1329」が明らかとなったもの。リモートより悪意あるファイルをアップロードされ、任意のコードを実行されるおそれがある。

3月に同脆弱性を報告したDefiantのWordfence脅威インテリジェンスチームによると、「同3.6.0」で導入されたモジュールに生じた脆弱性で、「同3.6.0」より前のバージョンについては影響を受けないとしている。

ユーザー権限が閲覧のみとされる「購読者」でも脆弱性の悪用が可能で、同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.9」と評価している。

現地時間4月12日に脆弱性が修正された「同3.6.3」がElementorよりリリースされた。現在は最新版として「同3.6.4」が提供されている。

(Security NEXT - 2022/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に